太陽光発電所向けのフェンスを中国から個人輸入

太陽光発電所向けのフェンスを中国から個人輸入

* : * : chinaeco * : 2018-01-16 * : 223
F:\客户资料\Japanese\株式会社 FD\フェンスのお見積書 20171005\货物相片\三重県発電所フェンス 980M \三重県発電所フェンス 980M 01.jpg
(写真提供者:エコ(チャイナ)テック株式会社)

  

  今回はフェンスを中国から個人輸入するという方法にチャレンジしました。安くて品質がいいものを仕入れるためです。

  普通はあまりこんなことはしないかもしれませんが、スキルアップのためにやってみました。

  中国からフェンスを個人輸入するには次の4つのステップで行います。では行きましょう。

  ①見積りと契約

  まず、中国のフェンス工場に配置図面などを送り、こちらの要求を伝えます。

  そして、フェンスの見積りを出してもらいます。

  わかりやすいお見積書をもらい

  支払い方法、納期、港の指定、送料の負担などを確認します。

  OKなら売買契約を結びます。

  発注時の支払い金額割合、残金の支払い時期(中国船積み時に残全額支払いが多いと思います)

  通常は米ドルで見積り、米ドルで支払いになります。

  今回の中国メーカーは日本との貿易実務に慣れていて日本語の書面を用意してくれました。

  今回取引した中国のフェンス工場は

  ココです。→http://www.chinaeco.cn/

  ~見積り概要~

  出港地 中国 アモイ港

  目的地 名古屋港

  荷物

  太陽光発電向け 986M

  材質

  メッシュフェンス

  固定金具はアルミ

  杭は鉄です。

  価格は一式 CIF名古屋港 12719.40USドル

  20FTコンテナ1つ

  支払いタイミング

  30%前金、残り70%はB/L発行時(中国船積み時)

  ②商品代を海外送金する

  海外送金するなら都市銀行が良いでしょう。中国に海外送金したいと

  窓口の人に言うと、別の所に案内されます。

  その後、別の場所で本人確認は当然のこと、送金するお金がどこから来たものか、

  何処にどういう理由で送金するのか、イロイロ聞かれます。

  銀行の方もマネーロンダリング防止のためにいろいろ通達が出ているようで、

  確認作業が大変です。

  その際に前述のProforma Invoice(見積送り状)を銀行に持っていくと便利です。

  送金先の銀行コード(スイフトコード)、支店住所など必要ですからよく確認しておく

  必要があります。

  だいたい相手の口座まで2、3日あれば送金することができます。

  ③税関輸出入者コードの取得

  税関輸出入者コードの取得を行います。

  http://www.customs.go.jp/zeikan/seido/zeikancode.htm

  継続輸入する場合や税関で引っ掛かる可能性を下げるために取得した

  ほうが良いそうです。まあ、太陽光発電所向けフェンスは税関で引っ掛かるような

  いかがわしいものではありませんが、

  これから、継続してアルミ架台やパネルを輸入する可能性があるのでコードを取得しました。

  申請書(エクセル)をダウンロードする→エクセルに入力→メールで申請書を送る→

  別途、住民票を郵送で送る

  一週間以内にメールで税関輸出入者コードを通知してくれます。

  (やってみると以外と簡単です)

  ④貨物を自分の現場まで持ってくる

  貨物を港から自分の現場まで運ぶ場合、通関費用・消費税・関税・税関で検査に

  なったときの検査費用・コンテナの国内運送費などは輸入者の負担になります。

  これらの費用はバカにならないぐらい高いのですが、素人ができるものでは

  ないので、乙仲業者に代行してもらうことになります。

  乙仲(おつなか)・・・・海運貨物取扱業者(海貨業者)の通称。

  正式に契約して、発注してから手元に届くまで約1か月かかりました。

  船は4-5日見ておけばいいと思います。

 

  フェンスなら、エコ(チャイナ)テックへお任せお願いします!

       詳しい資料なら、弊社のホームページまで、www.chinaeco.cn  

  携帯電話:86-13959260780       代表番号:86-592-6532808(Ext 808)

       担当者:リン センキ      E-mail:mikelynn@chinaeco.cn